最新情報

2021.06.10 Thu
お知らせ
非常時に備えた「防災訓練」を実施

令和3年6月7日に皇后崎浄化センターで「防災訓練」を行いました。

この訓練は非常時に速やかな対応が出来ることを目的とし、毎年行われています。

今回は、皇后崎浄化センターが管轄している、場外ポンプ場が停電になった場合を想定し、通常運転に復旧するまでの一連の動作・操作の再確認を行いました。

また、停電だけではなく大雨洪水警報が出ているという想定も加え、自家発電切替後の速やかな設備の運転・立ち上げ、関係各所への連絡・報告など、緊急の際、迅速に対応が出来るよう訓練をしました。

当日は、西部浄化センターの正木所長及び市職員が見守る中、KWS社員6名が参加し、これから本格的になる梅雨、台風に備えました。

このような日頃からの訓練が、市民の皆様を浸水等から守っています。

今後もこのような取り組みを実施していきます。